ファンブログ雑記帳

『パート派遣主婦のぐーたら子育て生活』で起きたファンブログの記録

だまって笑ってそばにいる女

鈴木祥子 / 私小説

恋をすると、相手の望む自分を演じてしまったり、
反対に自分の理想とする自分を演じてしまったり。

そして演じた自分を相手が好きになってくれたということに
気づき、悩み苦しみ深みにはまったり。

束縛が重荷になりながら、嬉しい時もあったり。

恋愛を重ねると、素の自分で付き合える人が
一番いい、と思いながらも
そういう穏やかな恋愛は、刺激に欠けていて物足りなかったり。

我儘なものです。

まあ、恋なんて、理不尽で勘違いに溢れていて
そこがまた、恋愛の醍醐味だったりするんですけどね。

かこ☆ランキング – 2 『もう一度会いたい』のときから、
いえ、多分そのずっと前から、
ミッキーマウスな彼の記憶が、書いてほしいと
ささやき続けていました。

書いてしまうと、何かが壊れてしまうかもしれない、
そう思いながら、根性決めて、書きました。
そのとき、頭の中でずっと流れていたのが、この曲。

鈴木祥子さんの『だまって笑ってそばにいる女』。

自分を演じる恋をしている人に。
相手に自分の理想を重ねる恋愛をしていたあなたに。

◆Youtube(音が出ます)
だまって笑ってそばにいる女/鈴木祥子

~あたしが愛したのはあなたじゃなくて
 ”だまって笑ってそばにいる女″だった~

◆プチリリ 歌詞

♪ こちらもどうぞ ♪

ステイションワゴン 鈴木祥子さんの初期の頃の歌。 なんだか、札幌にいる間、頭の中でずっと流れていて とっても聴きたくなってしまって、探してみました。 この人の声、好きなんですよね。 今の気分は、なんとなく、そんな感じ。  ...
ラブソングを君に 最近、ちょっと古い Love Song ばっかり、 Youtube で探して聴いてます。 子供らを必死で抱えているうちに 忘れてしまっていた ドキドキが、すっかり復活しちゃっています。 昔、よく聴いていたってい...
The Manhattan Transfer/Birdland 私が高校時代よく聴いていた、 マンハッタン・トランスファーという ジャズ・フュージョンコーラスグループがありまして、 4人組のおじちゃんおばちゃんなんだけど、 音の鳴り方が、半端じゃないんです。 しかも、この人達、ま...
Tom's Diner はー。なんだかぼんやり元気が出ない。 そんなとき、聴きたくなるのがこの曲。 もう長ーい付き合いです。かれこれ20年以上。 タイトル、なんだっけ? と、記憶をたどると、 スザンヌ・ヴェガのトムズ・ダイナー。 ...
バークリースクエアのナイチンゲール... 前回の記事で紹介した、 ジャズ・フュージョンコーラスグループ、 マンハッタントランスファーの曲の中に 私が大好きなアカペラの曲があります。 A Nightingale Sang In Berkley Square と...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です