ファンブログ雑記帳TOPファン部ギフト
2012年06月09日

ギフト

叶恭子の知のジュエリー12カ月
*****


短いお休みの後で、
長い長い、甘くてふわふわした夢から、
はっきりと醒めたような気持ちでいます。

人の言葉を借りて語るのはあまり好きではないけれど
今の気持ちを上手に取り出してくれる、
この本に頼ってみようと思います。


  何かを共有するけれども、しかし、
  ずっと一緒という約束はない。
  それはけっして、寂しいつながりではありません。
  ゆるやかではあるけれども、自由で、心地のよい関係。
  その関係において、お互いの存在は
  お互いにとってギフトとなりえるのです。

     〜ゆるやかなつながり〜
      叶恭子の知のジュエリー12か月 より



私は、あなたと、そんな関係を作っていきたかった。

  
  他人を尊重することを知らない人だけが、
  「他人は自分の手で変えることができる」と考えます。
  そういう人は、
  自分が振っている「思いやり」の旗の下に、
  「他人を思い通りにコントロールしたい」という
  禁断の欲望がかくれていることに
  自分で気づくことができません。


     〜禁断の欲望〜
      叶恭子の知のジュエリー12か月 より


私は、気づいてしまった。
あなたをコントロールしてしまいそうになる、自分に。
そんな自分が嫌になっただけ。


  そう、
  「人のことに口を出さない」という
  ラインを一歩でも越えたとたん、
  「親切」は、「押しつけ」に
  変わってしまうことがあるのです。


     〜ラインを越える〜
      叶恭子の知のジュエリー12か月 より


私は、ラインを越えていることに気づいていた。
どこかで、止めなきゃいけないと、思い続けてた。


   何もしない。求めない。協力しない。
   一見、最大に不親切であるような姿勢が、
   そのじつ、他人に対して最大の親切に
   なりうる場合があると知りましょう。

     〜最大の親切〜
      叶恭子の知のジュエリー12か月 より


あなたは変わらない、私の気持ちが変わっただけ。
私は私、あなたはあなた、それぞれの道を歩けばいい。
あなたはそれを裏切りと言うかしら?

できることならば、これからも、ゆるやかに関係を
つないでいきたいと思っていたけれど。

ばいばい。
今まで、すごく面白かった。
たくさん話を聞いてくれて、本当にありがとう。


あなたはもう、私から自由になっていい。


posted by かこ at 06:44 | Comment(0) | ファン部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。